ごあいさつ

2019-20年度 クラブ方針

エンジョイロータリー

クラブ創立50周年のこの記念すべき年度に会長として活動する機会を戴き、光栄に存じますと共に身の引き締まる思いを致しております。 国際ロータリーのマーク・ダニエル・マローニー会長は、2019-20年度のRIテーマ『ロータリーは世界をつなぐ』を発表されました。 芳賀裕ガバナーは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指して、5項目の地区活動目標と9項目の地区運営方針を発表され、三春ロータリークラブも地区方針に沿って行動をしてまいります。

今年は新しい年号の令和元年を迎えました。これも何かの縁でありますが三春ロータリークラブも、クラブ創立50周年の記念すべき年度であります。創立当時の原点に立ち返り、愉快なクラブ作りと地域と共に奉仕活動の出来る環境創りをしなければと、考えております。

諸先輩の皆様が今日まで苦労に苦労を重ね築き上げた伝統ある三春ロータリークラブが、100年へと続いて往く更なる未来の為にも、何事にも柔軟性に捉えて行かなければと思っております。いつの時代もそうでありますが、ロータリーの原点は親睦であると信じて居ります。親睦は楽しいとき、悲しいとき、落ち込んでいるときなどには必ず必要であり、その事を真っ先に捉え今年度の三春ロータリークラブのテーマを『エンジョイロータリー』とさせて戴きました。私の思っているエンジョイとは、『楽しみながら』という意味を籠めております。ロータリーは職業人の集団であり、会員それぞれの自己研鑽の場でもある大切なクラブを、このように浅学非才な私でありますが、会員皆々様の叱咤激励を賜りながら、お一人おひとりが楽しい時間を過ごし、出席して良かったと思って戴けるクラブ例会を、皆様と共に創ってみたいと考えて居ります。また、記念事業につきましては、実行委員会を中心に準備をさせて戴きますので、大盛会となります様、皆様方のご協力をお願い致します。 今年度の一年、市川幹事と一緒に『好意と友情を』深めながら奉仕活動を実践して参りますので、会員皆々様の惜しみないお力添えを賜ります様お願い申し上げます。