ごあいさつ

2020-21年度 クラブ方針

明るく・楽しく・元気に活動する 三春ロータリー

三春ロータリークラブ第51代会長を務めさせて頂きます山口進でございます。 川又暉之幹事と共に皆さんのご支援、ご協力を頂いて今年度頑張って参ります ので、よろしくお願いします。RIの今年度テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」であります。私は、このテーマの意図するところは、積極的に行動し、会員増強と会員に夢と希望を持たせ、ロータリアン同士の交流を深めることだと考えました。

また、2530地区目標も、例会最重点主義、会員増強が掲げられました。これらを踏まえ、当三春クラブの今年度目標を「明るく、楽しく、元気に活動する三春ロータリークラブ」としました。この意図するところは、文字の通り、楽しく活動すること。そのためには、会員同士の仲間意識をより一層深め、楽しく活動すれば、その成果も現れ、地域住民の評価も良好となり、会員増強に結び付くと考えました。 ロータリーの活動は、奉仕と合わせ、自己研鑽の場であります。その一環として、例会のゲスト卓話は、町内で活動されている方に留まらず、近隣の自治体等で活躍されている方々をお招きすることも考えております。

 いずれにせよ、何を行うにも会員一人ひとりのご指導、ご協力なくして出来ませんので、ご支援をよろしくお願いすると共に、どんな事業でも、常に一つ、真実かどうか 二つ、みんなに公平か 三つ、好意と友情を深めるか 四つ、みんなのためになるかどうか この四つのテストの精神を活かして参りたいと考えております。  最後になりましたが、今年度当クラブ一番の事業は、継続となりました三春ロータリークラブ創立50周年事業を実施することであります。新型コロナウィルスの中で、どう実施できるか。実行委員長を始め全会員の英知で実施できればと考えています。事業の成功はイベント等を行うことだけでなく、当クラブ活動をより一層多くの方々に周知頂くことだと考えております。今、種々述べましたことを、各会員の置かれている環境の違いを乗り越えて、努力と協力をすれば目標が達成され、会員自信の向上にも結び付くと思います。 この一年間よろしくお願いします。