ごあいさつ

2021-22年度 クラブ方針

わくわく・ドキドキの三春ロータリー

 2021-22年度、三春ロータリー会長を仰せつかった山口 晋司です。 三春ロータリークラブは、私が第52代目の会長でして年次計画書等に記載されている代々の会長のお名前を見ると、「三春町の代表」ともいえる錚々たる方々ばかりで、こんな歴史と伝統のあるクラブの「会長」になったなど今も信じられません。

前年度、山口進さん・川又暉之さんの時のスローガンは、「明るく・楽しく・元気に活動する三春ロータリー」でした。この目標を完全に引き継ぎ、三春ロータリークラブの会員のみなさんの一人一人が目立って、仕事上でも良いお付き合いができ、わいわい・ガヤガヤと集い、例会も待ち遠しくなるような楽しく・実のあるものにしていきたいと思い、今年度の三春ロータリースローガンは「わくわく・ドキドキの三春ロータリー」とさせていただきました。

 幹事には、宗像俊樹さん。 宗像幹事とは三春町のご当地グルメ「三春グルメンチ」を一緒におこなっている仲間で、揚げ物を揚げる腕前も2人ともプロです。 彼は多方面で活躍してて、行動力・情報力・決断力・交流の広さは桁外れに凄いです。 三春ロータリーが益々楽しく、地域のみなさんに三春ロータリーの活動をもっと知っていただき、楽しくする試みをいっぱいの三春ロータリークラブを目指したいと思いますので宜しくお願いします。